【2017年度版】EC事業をこれから担当する方が知っておくべき概要とトレンド

現在のEC市場は、中国(EC化率:15%)やアメリカ(EC化率:7%)を筆頭に、世界的な成長トレンドが続いています。日本のEC化率は5.43%、他の先進国よりも下回る数値ですが、これは日本のEC市場がまだまだ伸びる余地の大きい成長産業であることを示しています。

※ECとはElectric Commerceの略称で、「電子商取引」と訳されます。EC化率とは、すべての商取引の中で電子商取引が占める割合のことです。

出典:
経済産業省の最新の調査結果より引用:平成 28 年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

この記事を読んでいる方の中には、「新しくEC事業の担当者としてこれから勉強しよう!」と思い、
まずは何から手を付けていいかお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「EC事業に参入するならどこが狙い目か」「具体的にはなにが注目されているのか」「EC事業に参入する場合の有効な手段や注意点」など、最近のトレンドや事例と合わせてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

この記事は下記のような方におすすめです。
・EC事業部に異動になった
・EC業界への転職を考えている
・2017年EC事業のトレンドが知りたい

続きを読む

【2017年度版】費用を抑えて最高のECを!ECサイト構築手法5選とその選び方

ECサイト(ネットショップ)の構築やリニューアルを検討されている方の多くは、「誰に、何を、どのように」頼んで良いのか迷っているのではないでしょうか? ASPを活用したり、システム会社に依頼して0(ゼロ)から構築することを思い浮かべる方もいるでしょう。

ECサイトの構築方法は大きく分けて5つあり、どの構築方法を選ぶべきかは、ECサイトの「年商規模(目標)」や、「何を重視するのか?」で決まってきます。

なぜなら、ECサイトの5つの構築方法には、それぞれに「相場」と「メリットとデメリット」があり、すべてのECサイトにとってベストな構築方法があるわけではないからです。つまり各社、各ECサイトの状況にあわせた構築方法を選ぶ必要があるのです。

本日はECサイト向けの接客・販促ソリューションを提供している弊社(Emotion Intelligence株式会社)で、マーケティングを担当している玉田が、5つのECサイト構築方法を具体的に解説いたします。

この記事を最後まで読んでいただければ、5つのECサイト構築方法の中から、あなたの会社、サイトに相応しい方法が必ず見つけられるはずです。

続きを読む