「初めて説明を受けた時は、衝撃を受けた。ネガティブな要素が見当たらず、すぐに導入したいと思った。」    ZenClerk導入事例:ミツバチワークス株式会社 吉田真理様

2015年10月9日 インタビュー

自分がユーザーだったら、つい買ってしまいそう。

私たちは、カラコンや雑貨などを売っている”Push!Color”(プッシュカラー)というサイトを運営しています。

ZenClerkは決済サービス会社様からの紹介でご提案を受けました。その時の感想は「自分がユーザーだったら、つい買ってしまいそうだな」というもので、ある意味面食らいましたね。今までにないテクノロジーが利用されていて、「こんなことができるんだ」と素直に驚きました。

また、それまで単純にポイントをばら撒くことが多かったのですが、ZenClerkを導入することで、そういった販促コストを最適化することができると知って、ユーザー視点だけでなく、運営者視点からもハッピーだなと思いました。すぐに部署メンバーにも相談しましたが、やはり「ネガティブな要素が見当たらない」と賛同してくれたので導入を決めました。

 

成果報酬モデルで安心。効果を上げていくために一緒に頑張っていただいている。

弊社では、新規のお客様向けと既存のお客様向けにZenClerkのサービス利用していますが、どちらも満足度が高いです。ZenClerkを通じて、常に一定の顧客を獲得できることが分かったので、ポイントばら撒きキャンペーンの実施回数が極端に減りました

運用面も基本的には月1回のクーポンコードのやりとりだけで、とても楽です。何か新しいものを導入する際は、お金とリソースがネックになりますが、リソースが全くかからないのですごく助かっています。

また、成果報酬モデルによる安心感もZenClerkの良い所です。効果が出なければ費用が発生しないモデルのため、信頼できますし、一緒に効果を上げていくために頑張っていただいているという感覚もあります。

何か問題が発生した際や、問い合わせをした際も、対応が速くて感動しています。そういう対応の良さも信頼感に繋がっています。

 

もっと効果を上げていきたい。もう1度、面食らいたい。

サービスに満足はしているものの、欲を言えばもっともっと効果を上げていきたいですね。社内でも、カラコンだけではなく、商品ラインナップを充実させたり、売上を上げるための努力をしていますが、ZenClerkでの更なる売上増にも期待をしています。

「emin talk」というZenClerkのユーザー会のような懇親会にも参加させていただいています。emin talkは、他の会社の担当者様のお話なども聞けて、とても楽しい場です。話を聞くだけで勉強になるので、また是非参加したいです!またeminの社内の雰囲気や空気感が独特で、「この場所からおもしろいことが生まれそう」とワクワクさせてもらいました。そういう意味では、最初にお話を聞いた時と同じくらいの衝撃をまた受けたいと思っています。期待しています!

ZenClerkに高い期待を寄せてくださっている吉田様。引き続きよろしくお願いします!

<担当営業から一言>

自社サイトのユーザーを深く理解し、常にユーザーが求めていることを考えてサイトを運営しているからこそ、多くのMOMENTが発生する土壌があり、ZenClerkのキャンペーンも安定した成果を出せているのだと考えています。

定量的な指標ばかりに目が行きがちですが、いかにEC運営にユーザへの理解が重要であるかを再認識させられました。

インタビューにも表れていますが、弊社サービスにかなり期待していただいていることを感じています。

担当営業の私としても最初の担当クライアントの”Push!Color”にもっと貢献できるよう提案させていただきます。

ご協力ありがとうございました!引き続きよろしくお願いします。

 

※2015年9月に実施したインタビューに基づいて作成しております。

 

企業名:ミツバチワークス株式会社

URL:http://www.328w.co.jp/

導入サイト:http://pushcolor.com/